2017年3月9日木曜日

ベリーダンスジャパンとかファッションショーとか大阪でイベントとか




2月27日発売のベリーダンスジャパンで
飛ぶ鳥落とす勢いのベリーダンサー琴美さんとスカーレットさんが
メイクバトルしております。
読者の質問に2人で応えていくという形式です。

あんなにサービス精神満載で載せまくって今後メイクレッスンは大丈夫なのか不安で不安でしかたがありませんが、良いとしましょう…(*_*)


不安だからリンク貼る。笑
http://bizarremakeuplesson.blog.fc2.com/
メイクレッスン来てね。


美容部員さんだった過去がある琴美さんは原稿を読んでいて、細かい質感表現などに長けているメイクだなぁといった印象でした。
今回の特集は、
「琴美さんはダブルラインを引かないメイク」
「スカーレットさんはダブルラインを引くメイク」
という雑誌側からの依頼なのですが、

琴美さんと私、それぞれ仕上がりや使い化粧品、
言い回しは違うけれど
結果的に同じように光を取り、影を取る。
その手法は人それぞれなのよ
・・・というところに見事綺麗に収まっています。

私はメイクレッスン中、
「レッスンでは光と影を教えているだけ。どれを取るかはあなた次第」
と言っています。
だってメイクなんてパフォーマンスの副産物だからさ。
同一性なんていらないと思うの。

あ、あと過去色々なやり方をしてきましたが、今はステージ化粧品の使い方なんかは本当にざっくりとした
一般の舞台化粧品メーカーのレッスンに合わせています。

何が言いたいかと言いますと、
というわけで
「スカーレットさんメイクはドラァグクイーンメイクだよ」
・・・とか言って私の教えてる本来の内容を放り投げたあなた!
「スカーレットさん怖いからもう二度と会いたくない」
・・・と教えてたらつい熱くなっちゃってきつく当たっちゃった可哀想なあなた!!笑

こちらの掲載を見て光と影の話をもう一度よく思い出し、
琴美さんのメイクのやり方を読んで改めて理解し、トラウマを癒しましょう。

メイクの幅がグググっと広がるでしょう。私も勉強になったな…。。


※32ページのつけまつげの点線が編集さんのミスで間違ってます。
31ページの左下の写真を参考にしてください。




3月4日darkdemention@新宿キリストンカフェ

かれこれ14年のお友達ブイアベースにお手伝いしてもらいましたよ。本来ぶいちゃんありがとう( ´ ▽ ` )



今回のイベントは危機裸裸商店という原宿発祥のブランドのお店「革命貴族」のファッションショーでした。何気なくお店に立ち寄った際にオーナーのキキさんとお会いして、
ファッションショーのモデル兼パフォーマンス兼メイクさんで参加致しました。

高校生の頃雑誌ケラ!で見ていた危機裸裸商店のモデルは皆白塗りだったので、危機裸裸商店といえば白塗りでしょう〜〜!と白塗りメイク。
せっかくなのでなんとなく現代ぽさが欲しいなと思い、二種類の白塗り素材と赤みの少ないシェーディングブラウンで今(更)流行りのコントゥアリングメイクを施してあります。

キキさんと打ち合わせしながら
4体という限られた対数なのでそれぞれのメイクが被らないようにメイクしたのでした。

こちらの2人はセットで出てきたので
1人は垂れ目、1人はつり目に。
アイホールはゴールド、シルバーのハイライトのみで立体を作らずに、ダブルラインに衣裳とそれぞれ同じブルー、赤でカラーをいれてあります。
チークはあえて頰の高い位置に入れました。
私(左)のメイクはウィッグに合わせて赤い眉毛を眉山から黒とグラデーションにして最近の海外ドラァグクイーン風に。アイホールはグリーン。アイホールのハイライトにはラインストーンを貼りよりゴージャスに。
右のモデルさんはヒゲを書いて男装にしましたがドレスを着ているのでリップはピンク&ラメでクチビルを目立たせて。
また、前のモデル2人を叱りつけるキレキャラだったので怒りマークなど付けて見ました。遊び過ぎ。笑

キキさんを囲んで。
キキさんお疲れ様でした( ´ ▽ ` )


革命貴族にて、早速販売されているそうです。チェケラ〜よ。


私は基本的に衣裳を自分で作っている人間なので、
こうして人に作って頂いた衣裳を着ると自分の世界が広がります。
可愛いドレスを着れて幸せですね(^o^)




さて、明日は大阪入りの心斎橋LUDOにてイベントに参加しますよー( ´ ▽ ` )
東京で仲良くしていたスミちゃんのイベントです!

FREAK vol.3  
 -FRIDAY NIGHT FREAKS-

2017.3.10 FRI 
Open 19:30 Start 20:30
前売り3,500yen /当日4,000yen +ドリンク代別途
会場 Bar Theatre LUDO
大阪市中央区東心斎橋1-8-14 ミドウ心斎橋ビル5F

☆FREAKS☆
アイハラミホ。
女装歌手牡丹
Scarlett
Sumi
Miwa Rock
Yuu♡


皆様お時間割いてお越しくださいませね( ´ ▽ ` )

2017年3月2日木曜日

確定申告から通販サイト製作、バースデーパーティーから反省まで

どうも、こんばんわ。
いつぶりの更新だよってくらい久しぶりにブログ更新です。
2月のあれこれを書こうと思います。


こう見えてやりたいことなんて何〜もない僕が
「何でもかんでも頑張ります!」
「出来るものは何でもやります!」
ってのをモットーに2年くらい自棄になって色々やり続けて
まぁこんな勢いだけでいい加減でよく持ってるな〜と
いつも皆様には申し訳なく思っているのですが、

この2月は私がもう飽きられたのか嫌われてるのか
「ただ客商売は単に2月が暇」
というのに乗ったのか、
(この2年間は2月も全然忙しかった。ありがたいねぇ〜)

結構メイクレッスンが暇だったので(寂)
ずっと色々な事が散らかし放題だったので、
衣類やらアトリエの家具やら化粧品(大胆にそこが見えてるくせにケチケチ使ってるやつ)やらを断捨離したり
メイクレッスンのスケジュールの文章を整理したり、
まだまだ途中ですが通販サイトの商品入力をしたり、
ホームページを友達の清水くんに作ったもらったり、
なんとなーくサボりながらですが整理整頓に費やすことができた月でした。
もともとヒステリックな性格だから、
あんま忙しいと性格がキリキリしだすからさ。。
このくらいゆっくりなのも、金銭的には結構不安だけど、たまにはいいよね。






2月10〜13日
徳島出張。初日に雪が降りまして到着するなりミカ先生が大騒ぎ。
四国は少しでも雪が降ると交通機関がストップしてしまうらしく、
お客様が来れなくなったらどうしましょうと血眼でお出迎えしてくださいました。笑
「大丈夫大丈夫〜出張メイクレッスンの日に晴れなかったことないから〜〜」
とヘラヘラしている私。深刻になってる隣でスミマセンw

エネルギッシュなミカ先生は、
仲良くなってみるとたまに漫画みたいな人で面白いです。笑
あ、メイクレッスンの内容をミカ先生がまとめてくれました。



徳島に嫁に行った地元新潟時代の高校の美術部の先輩がいるのでお夕飯。
3歳の娘と初対面。
気に入ってる指輪を奪ったり食べ物を奪ったりして仲良く遊んであげていたら

「悪いオジサン」
と言われてしまいました。笑
3歳の娘からすりゃオジサンですよね…
その後先輩に「オジサンここ(ベビーシートの隣)おったなぁ」



と時折思い出しては口にしているらしいです。
ふふふ、トラウマになるがいい。







阿波尾鶏にスダチにワカメに鳴門のふにゃいうどんに、
「徳島何もないよ」と現地の人が言う割には色々美味しい徳島ですが、
自給自足生活を送っている廣川夫妻が鹿の心臓と大動脈を焼いて持ってきてくれました^o^廣川家の生活はこちら。



自給自足とファイヤーダンサーで有名な廣川夫妻です。
旦那さんは同じ新潟出身なんだよー。


こちらは同じく廣川さんの差し入れ。
ハチミツレモンならぬハチミツスダチ。
蜂から奪ってきたんですって、、、すご


*** ***

さて、確定申告の時期ですので今年もきっちり確定申告です。
昨年のの納税額にぶっちゃけ思わず脱税したくなりますが
まともに納税もしてない社会のゴミ生活を20代送ってきたのできっちり申告ですよ。
今年の申告書の明細見て一言思ったのは

「今年はあんま経費使わないようにしよ、、、」

でした。。反省、、、😭



こちら税理士さんから頂いた干支張子。
大人気の外ハネつけまつげをつけて凛々しくメイクアップよ。




2月はいつもお世話になりまくっている凄腕整体師のうっち〜がたまに遊びに来てくれました。
うっち〜は、紛れもなくお友達なのですが、
お友達以前に僕が一方的にうっち〜ファンなので
「遊びに行っていい〜?」とメールくれると
涙が出る程嬉しいです。片思いじゃなかったのね、、、😭


何気ない会話の中
うっち〜と
「誕生日パーティーしちゃう?!」
「チョコレートフォンデュしちゃう?!!」
(なぜかチョコレートフォンデュの機械を持ってるらしい)

と云う会話の流れになり、開催することになりました。


まぁ特に用意することもなく気ままに飲み会したらいいわ〜〜
急にやるし皆忙しいしどうせ10人も来ないでしょ〜〜〜

と何気なくフェイスブックで告知したら。。

「子連れで行っても大丈夫ですか〜?」(フープダンサーアユミさん)
「旦那と子供と行きまーす」(リムちゃん@ペイデフェ)
「よかったらバースデーパーティーのキッチンスタッフをさせてくれないかい?!」(ヒカルシェフ)
「お祝いに牡蠣送るね〜」(牡蠣の養殖業を営んでいる広島の友達)
「お刺身で頂けるサーモン送りますね〜〜」(掛札さん@メイクレッスンのお客様)
「徳島の食べ物を送ります〜」(ミカさん@徳島)
「当日物販できますか〜〜??」(折笠さん@メイクレッスンのお客様)
「味噌送りま〜す」(黒髪あやさん@名古屋衣装お直し屋さん)

ウヒョ〜〜〜💦なんかすごいことになってきた!

と、、、とりあえず場所を作らねば!💦
とパーティー前日の夜までひたすら断捨離。
片付け始めたら模様替えまでし始める始末。
(というか、模様替えしないとパーティー開催にしては間取りが悪い)
子供が来るなら電話の線とかは抜いたほうがいいかな〜〜
あ、ソファで絶対飛び跳ねるし遊ぶからソファカバーも縫わなきゃ〜〜〜
これを機に粗大ゴミも出さなきゃ〜〜〜

と強制的に整理整頓!ありがたや。笑


そしてパーティー当日。
ああ、、、誰も来てくれなかったらどうしようと胃がキリキリする思いで
ギリギリまで寝ていたら(ギリギリまで片付けていた)
玄関のチャイムが鳴り。。。



秋山さんから紫の花束と、
シンゴさんから赤いバラの花束(深読みしちゃうゾ)が届きました〜〜
うわ〜ん😭ありがとうございます〜〜〜😭

続々と現れるお客様がた。。。
お客様から、アパレルのお世話になった人から、
京都時代のお友達から、飲み友達まで・・・!!


わ〜ん、みんなありがとうございます〜。。みんな楽しんでくれたかなぁ。



アユミさんが持ってきれくれた、
可愛いケーキや光シェフの美味しくて綺麗な料理の数々。


ヒカルシェフには「20人くらいかな〜」
と抜かしていたのになんと50名様近くのお客様がご来場くださいました💦
うひゃ〜〜〜ありがたい。。
ご来場いただいた皆様、何度も改めましてすみませんですがどうもありがとうございました💦
記帳用のノートでも作っておけばよかったな・・・

*** ***



なんとなく会話のノリではじめたバースデーパーティーでしたが、
個人に焦点を当てたパーティー、

「私の事祝えよ」的なあの厚かましさってなんなん?
随分と面の皮厚いわよね〜〜私にはできないわ〜〜〜とか
皮肉満載、嫌味ったらしく思っていたのですが、



今回こうやって開催してみる大きな気付きがありました。


「パーティーってのは主賓を祝う会(ってのもあるのかもしれないけれど)というよりも、いつもお世話になっている人達に楽しんでもらう会」



だったのネーーーー!!!!!!!!!!
思い返すと顔から血が出るほど恥ずかしい!!!!!
ギャーーーーーどうも今まですいませんでしたーーーーーーー!!!



*** ***




それでもやっぱり、思い返すと
対して世話になってないな、参加して楽しむ権利もないなってパーティーは、
遠慮なく「行かないよ」って断っていいんだなって思いました。
大人になるってシンプル。


4月のメイクレッスン更新しました。

2017年1月10日火曜日

今更 新年の新潟レッスンのレポート

仕事はじめは故郷である新潟でメイクレッスンでした。楽しかったなぁ(^o^)


メイクレッスン後に礎町ビストロ椿でご飯だよ!



新潟でのメイクレッスンは2回目ですが、 
かつて化粧やめろやめろと新潟で言われていた私が
このような形でレッスン帰国するとは
まさか誰も思いませんし信じられませんて。(新潟弁)


ずっとやめろやめろと言われた女装やメイクで拍手を受けたり
「先生」とか言われたりの未来を迎えるんだから、
他人の価値観や判断なんてアテにならんもんですね。
いつか新潟でショーやりたいなあ〜。

年始はマグロと新潟県産村上牛を交互に食って寝て映画見ての繰り返し。
心はいつでも本業ニートの本領発揮でほぼ寝たきり生活でしたが、
久しぶりにメイクレッスンをしたら精神的に随分生き返りました。




…が、体力的に死亡_:(´ཀ`」 ∠):バタ

立って喋ってただけだと言うのに
全身乳酸溜まりまくりで起き上がれないと言う…_(:3 」∠)_
いつもの疲労とは明らかに違う。(笑)

筋肉痛は明日来るのかな。。(°_°)


こんなに沢山のダンスインストラクターと言う名の体育の先生達に日々囲まれて過ごしているにも関わらず
全く運動してないワタシなので、今年は何か運動出来たらいいな…、、(と毎年言ってる)

ダンサーさんと言うのは考えると同時に身体が動かない、
何なら考えるよりも先に身体が動かないと成立しない仕事なんだなぁと横目に見ていると感じます。

考え込んで動けなくなってしまいがちで、
こう見えてかなり周囲の影響を受けやすいタイプの私は
かなり良い影響を与えてもらっています。
(相変わらず私は運動不足ですが。笑)
私がメイクレッスンを始めて一番幸運だったのは、
本人が意図せずに殆どのお客さんがダンサーだったと言う事ですね。








2017年1月4日水曜日

新年の目標と年越し徒然。



「新年明けましておめでとうございます〜かんぱーい」

の図。
まだ磨けば私も綺麗になるんだな〜と気付いた2016年でした。


うっち〜とワタシ。新大久保にある韓国料理屋にて。


かれこれ二十歳くらいの時から抜けなくなっていた「生きるしんどさ」。
それまで私は割と明るい性格だったと思うのですが、
10年ほど前からその辛さがずっとぬけませんでした。
メイクレッスンが忙しくて有難くても、何やっても虚しさやしんどさがず〜っと抜けなかったのですが、
凄腕整体師のうっち〜先生に身体を整えて貰ったら見事に嘘のように抜けて行きました。
それまでマスクして無表情な私の画像に自然と笑顔が漏れるように。
嬉しいなぁ。心と身体ってのは繋がっているのね。


大塚家具にて超高級なアールヌーヴォー様式の椅子に腰掛けてご満悦の図@名古屋 誰か買って〜(;o;)


しんどい時ってのはつまり余裕が無いので
自分の事でいっぱいなのですが、
楽しくなれば自然と外にも目が向くもの。

以前は
「どうせそのうち誰も来なくなるでしょ( ´Д`)y━・~」
とか思っていたメイクレッスンなのですが(最悪)
お客さんを迎え入れる姿勢を作ろうというのを口実に、
新しく楽しんでいただけるような商品を新たに入荷したり、
アトリエ内の設備を整えたりするようになりました。インテリアは趣味と実益を兼ねて。。(笑)

日々増えゆく物販の種類。(笑)




成人してから一番明るく過ごした2016年でした。


年の瀬は都内の某ホテルに家族で集まり、家族で食事&一泊。
ホテルの窓辺のデスクに腰掛け、持ってきた手帳で一年を振り返ります。




…反省点だらけ_(┐「ε:)ちーん

2016年は有難い事に
沢山の方々にご来場頂き、
私ってば忙しさにかまけて
「メイクを出来るようにする事」に必死になり
「メイクが出来るようになる=楽しい」を教える事を忘れていたなぁ。。(ーー;)

メイクが上手い下手なんて副産物でしかなくて、楽しいと思えるかどうかが大事なのよね〜、、最初は下手で当たり前。


…あああ、反省_(:3 」∠)_



自らのことは反省だらけだった一方で、
非常に人に恵まれた一年でもありました。色々な人が私に協力してくださいました。

そして、
集ってくる迷惑な人、馬鹿にした態度の不愉快な人、そう言った人が関わって来ない一年でもありました。この一年というよりメイクレッスンはじめてからかな。
これは私にはとても不思議な感覚です。



年が明けた初詣は妹と新潟市白山神社へ。(画像関係無し)
かれこれ10年以上ぶりくらいの白山神社。
10年前に来た時は何もかもが辛すぎて泣きベソかきながら来たなあ。。


あー、20代振り返ると
本当に見事に無駄と後悔しかないから辞めよ。
私これ以上1秒も無駄出来ないし、
足を止めたり引っ張るような人に関わっていられるほど暇じゃないんだった。




て訳で
 2017年の目標は
「無駄しない」
に決定よ。

メイクレッスン来た人も
レッスン受けたのが無駄にならないよう猛練習してね!
俺も少しでも効率よく吸収できるようにもう少し試行錯誤してみますわ!
今年もよろしくお願いします!!
見捨てないで〜〜_:(´ཀ`」 ∠):



2016年12月18日日曜日

ミュージカルプリシラを見て来ました

日生劇場までミュージカル「プリシラ」を見て来ましたー。


こちらは春くらいにあったレスリーキーによるプリシラの広告の撮影風景。
この撮影一体何だったんだろう、、、


ポスターの時点で役者のメイクがとにかく不評なプリシラでしたが、
メイクはやはり下手なままでしたがw
「ドラァグクイーンを題材にした舞台」
として凄く面白かったです。
陣内さんがとても上手かった。
あとノーマークだったキンタロー。さんも素晴らしかったです。
キンタロー。さんじゃなければ出来なかったかのように思いました。


面白かったけど、さすがにドラァグクイーンを見ている気分にはならんかったな。笑


オナンさんに楽屋に挨拶に行って来ました。嬉しくてにやける私の図。
大好きな本物のドラァグクイーンのオナンスペルマーメイドさんが出演していました。
最初の方にかなり出番が多いのですが、
それが本物感があって、お芝居全体の、凄く支えになってる感じがしました。
贔屓目かしら、、、というか、オナンさんじゃない人がやるどうなっちゃうんだろうというヒヤヒヤ感。


オナンさんこの衣装似合いすぎ。笑

あと、ドラァグクイーンのエスムラルダさんの書かれたという台本もすごく良かったです。あの台本もお芝居の全体を支えている感覚さえしました。

真剣に見ていたとおもったら、ガタッといきなり笑い崩される感じが、
エスムラルダさんのショーを見ている時のような気分です。


会場には知り合いもちらほらいて、知り合い探すのも結構面白かった。
そんな感じ。ショーも終わってプリシラも見て、楽しい週末でした。
年末まであとちょっと、頑張ろうっと!

グリムヒルド衣装製作とメイクの話





ピンクハウス楽しかったー(´∀`)
ニコル組さんはもう「こんな凄いショー見ちゃっていいのかしら!(◎_◎;)」と思うくらい素晴らしいし特にアイザックなんてマドンナのライブより良かったし!
絹靴下のぴっぴさんの赤本ショーは相変わらず素晴らしい上にブラッシュアップされてるし!南無阿弥陀佛!!(^O^)

おこたんぺさんのショーもはじめてピンで見て本当素晴らしいし、
キャバレッタさんのショーも素晴らしいし
バビエさんのショーは何度見ても本当素晴らしいし
オナンさんやっぱり天才だし、( ̄∀ ̄)
はじめてみたアキさんのショーは超オシャレだし
釈さんのショーも負けずに素晴らしくて私も私の周りも大ウケだしww
ディタは良い感じに力抜けて磨かれているし
テマンダちゃんのクイーン資質も
アクセルさんプロテウスさんの若い子のエネルギーも
本当にちょー楽しかった!!!(^O^)(^O^)


楽し過ぎて
1日経過してもまだ楽屋に入るようなワクワク気分が続いています。
異種格闘キャバレー!
まるで天下一武道会でした!!

来てくださった皆様ありがとうございましたー( ´ ▽ ` )
オーガナイザーのバビエさん、ナルセさんも本当にありがとうございます!( ´ ▽ ` )



「好きな事やって!」
というオーダーだったので何やろうかな〜〜と
ゲストパフォーマーがパフォーマーだから、いつもただでさえ気合い入れて挑むピンクハウスですがいつも以上に気合いを入れて挑まねばっ!( ̄∀ ̄)

自分の本当に好きな事を追究して自分だけのベクトルを作らないと。
勢いでショーをすると見劣りしてしまいます_(:3」z)_

私は京都の昔のドラァグクイーンの
「リップシンクだけで魅せるパラノイアショー」に憧れて来たので
仕込みなしでリップシンクだけのショーがやりたいな〜と。

今回演目はモーツァルトのオペラ
「魔笛」より、「夜の女王のアリア」をやる事は決めていたのですが、
衣装はどうしようかな〜どんなん着ようかな〜〜
「好きな事やって」というオーダーだったので、好きな物を並べてみました。


白雪姫の女王。エビルクイーン。
クイーングリムヒルドという名前が付いているらしいです。
どんなに生地に恵まれても、これをこのままの色合いでやるとコスプレっぽいなあ〜
もうちょっとラグジュアリーな雰囲気が欲しいな〜

セルジュルタンスの作品。
あーやっぱり美しい。
最近は見かけませんが関西には全身タイツやボディスーツのドラァグクイーンが多かった気がするのですが、そういえば最近見かけませんな。


バーレスクダンサーdita von teeseの中でも1番好きなこの衣装。
ベージュに刺繍に更に黒いスワロフスキーが付いて素敵です


2003年ジャンポールゴルチエオートクチュール。同じ生地で出来た小物や上着、帽子などなど、何度見てもかっこいいです。


…そうだ!




混ぜちゃえ(^O^)







というわけで黒いスパンレースとシルバーのシャンブレーで作りましたよ(^O^)



黒いチュール生地に黒い刺繍と、
黒いスパンコールが縫い付けてある生地です。
お値段以上の価値がある生地でしたが、僕が買うにしては珍しく高い生地でした。。これ以外の生地では美しくないと判断したからです_:(´ཀ`」 ∠):



メイクレッスンの時と同じく、
衣装を作るときは途中途中部屋を暗くしてクリップライトを当てて、
蛍光灯の下だけでなく暗闇でも効果的に光るかチェックしながら作ります。

これはいいと判断し購入したのですが、それだけだと光り方が足りなかったのでラインストーンを貼りました…なんとその数450個以上(´ཀ`」 ∠):


ラインストーンをつけるときはランダムに適当に貼るのではなく柄に合わせて貼るのが好きです。さも元々そういう生地であったかのように。

最初このような大ぶりの綺麗な生地に出会えると思っていなかったのでプリンセスラインで型紙を作っていたのですが、生地を見つけてからプリンセスラインだと仕上がりが美しくないと思い、型紙をダーツのあるものに引き直しました…_:(´ཀ`」 ∠):
スカートはAラインのワイヤーパニエの分量を計算して作ります。パニエに対して1.5〜8倍のフレア分量が理想です。そうしないと柄が美しく見えません。

裾や襟の先などは折り返さずに生地の端を使ってスカラップで仕上げてあります。そうしないと美しくないのです。_:(´ཀ`」 ∠):


こうして自らの首を絞め続けて1人SMプレイをしながら出来上がるゴージャスな衣装は最高ですね。
まるで緊縛されて吊るされて鞭で打たれてロウソク垂らされて
その後解放されてグッタリしてるところにご主人様にナデナデされてるような気分です。(どんな気分や)

半月以上かけて仕事もせずにほぼぶっ通しで作るんだから、
ゴージャスな物を作らないと損です_(:3」z)_特に型紙は拘るかな。シルエット命だから。

典型的な好きな事を仕事にしてはいけなかったタイプなんです、、_:(´ཀ`」 ∠):



フード付きのワンピースは袖以外裏地付きなのですが、
どうやって着たらいいんだ?どういう順番で縫ったら良いんだ??!
裏地と裏打ちを駆使し、シンプルに見えて頭の中こんがらがりながら作りました_(:3」z)_
マント付きの立ち襟ボレロは、スパンコールが引っかからないように縫い代はロックミシンはほとんど使わずに全て包み縫い、三つ折り、で仕上げてあります…_:(´ཀ`」 ∠):

このレース生地は伸びなかったので、
袖だけはパワーネットに柄を切り取って縫い付けて、同じ見た目になるようにしたんだよ、、、泣


大変でした(´;Д;`)
王冠はライオンボードで割と簡単に出来てます。



さて、次はメイクの話。
衣装製作でくたくたになったスカーレットさんのすっぴんから夜のエビルクイーンになるまで。


気まぐれでたまに眉潰しを使う私ですが女性ダンサーの共演者がいる以上そんな生温いメイクでは私のプライドは許しません。オンザ眉毛のダブルライン、眉毛は当然おデコに描きます。
ディズニーアニメの白雪姫は30年代の作品なので、まゆげは細く描きます。
ダブルライン、眉毛共に一度下にカーブしてから山がかなり外側にあるのが特徴です…が、今画像見返したらなんか下のカーブが全然足りなくて1人反省中ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄
楽屋でアニメの画像とにらめっこしながら描いてました。

基本的にはメイクレッスンでやる内容と、うちで売っている商品を使って作って行きますが、
ハイライトだけは資生堂の練り白粉(日舞とか舞妓さんが使うやつ?)を部分的に使います。
資生堂の白塗り!私はセルジュルタンスの作品!!と気分がいいのでこれはもう発色云々ではなく美意識の世界。


四角いリップラインはリップシンクの唇の動きが1番美しく見える気がします。
うちで売ってる赤い口紅548に
何処かの透明なグロスを重ねます。リップラインは黒いアイライナーです。






ついでにウィキッドの箒も新しくしました。作りが甘くて毛が抜けるよ、、(´;Д;`)



以上、エビルクイーン制作秘話でした(╹◡╹)
ピンクハウスXというイベントは、
なんて言うか、こうやって色んな人をゲストに呼んで幅広くショーをやっていても、ピンクハウスXはピンクハウスX、
女性パフォーマーを呼んだとしても、「クイア性」という主軸を外さないので、本当に参加していて楽しいイベントなのであります(^O^)次は何作ろうかなあー

2016年11月19日土曜日

この世が厚化粧に支配されてしまえばいい。徒然なるままに



ふと手帳を開きましたら、日本地図が載っていたので、
行ったことある県を黒く塗りつぶしてみました。
ふふふ、日本全国、いや、世界中が厚化粧になってしまえ〜!


九州はとっても楽しくて、
オーガナイザーの田中さんは穏やかでいい人で、会場も素敵なサロンで、
終始気持ちのいい気分でレッスンを終了することができました。
お客様の押し?により急遽レッスンが増設になったりw
いやはや、忙しさにかまけてすっかり忘れていた大切なエネルギー?情動??を思い出しましたよ、本当。
田中さん今度はきちんと食事に行きましょうね〜〜〜!>私信過ぎ?

あ、念のため言っておきますけど博多駅前が埋没したのは私が食べ過ぎてスキップしたせいとかじゃありませんからねっ


福岡にいるよとメールしたら長崎の佐世保からわざわざ会いに来てくれた大学の同級生のイケメンヨコマくん(写真右)。実に10年ぶりの再会です。
ヨコマくんは、今以上にツンツンしていて寂しがりだった頃の僕にパチンコで勝ったお金でトンカツをおごってくれたり、
逆にパチンコに負けた時は学食をおごらされたり、
家に来て俺のパソコンを使って「何か食わせろ」と言われてオムライスを作ってあげたりして、
なんだか珍しく距離感が近くて心温まる同級生でした。
ヨコマくんは現在佐世保のキャンプ場白武自然公園内でカレー屋さんをされているそうです。佐世保に故郷納税をするとヨコマくんのカレーが貰えるそうです。
無邪気で可愛い子供のようなヨコマくんは良い意味で相変わらず。
遠くから3時間もかけてわざわざ会いに来てくれてどうもありがとう♪

ちなみに左に写ってるのは弟くんで、ファッションデザイナーだそうです。
Ambivalent./glimmdoll online shop
http://ambivalent-glimmdoll.com/



あとは京都の仲良かったKさん夫婦?と一緒にお食事したり、
ゴマサバ食べたり、呼子の透き通った烏賊の活き造りをいただいたり、
新鮮な馬刺しをいただいたり、ケンゾーカフェのモツラーメン食べたり!
九州本当にご飯が美味しいの!楽しかったー!!

ホテルの近くはなんと!過去にスタイリングのお仕事をしたアクセサリーブランド
アストロファイタムがあったのでした。デザイナーさんにも5年ぶりくらいに再会できました。

私は今まで「旅行を楽しむ」という楽しみをすることがあまり出来なかったから、
メイクレッスンだったり仕入れだったり、お仕事を口実に日本中のいろいろな場所に行きたいですね。
しかし九州楽しかったー!食べ物がめっちゃ美味しかった。また行きたい!!


*** *** ***


東京に帰ってきてからは東京宝塚劇場にタカラヅカを見に行ったり、
その舞台の公演の裏話がちょびっと聞けちゃうお茶会に参加したり・・・!


星組の桃堂純さんのお茶会でした〜
お隣に居合わせたマダムや、ファンクラブの皆様と仲良くおしゃべり。
楽しいひと時でした。桃ちゃんありがとう〜




左が新しいの。右が去年買ったやつ。
今年も花園神社に熊手を買いに行きましたよ。お一人様で(寂)
2013年の年末に300円のやつを。
2014年には500円のやつを。
2015年は1000円のやつがなんかイラッとするブスなお多福がついてやがったので飛び級して1500円のやつを。
今年は2000円のやつを買いましたよん。

熊手を買った翌年から始まった私のメイクレッスン。
今年も買ったんだからどうか来年も潰れないでくれえ〜〜〜(切実)



昨日はうっち〜のマッサージ(紹介制のゴッドハンド)に行って
うっち〜の施術と楽しいおしゃべりに癒されてきましたとさ。
いや〜〜すっきりした。一ヶ月の疲れが一気に疲れが抜けた感じ。


 *** *** ***

最近気付いたんだけど、
私はいつからか、素顔で写真を撮られるのがすごく苦手で
メイクレッスンを始めたばかりの頃、数々のお客さんがレッスン後にリクエストする
「先生と一緒に写真」という風習が嫌で嫌で仕方がなかったのです。
嫌を超えて恐怖さえ感じていましたw
(なので最初の頃はマスクして撮ったりしてた。笑)


根本的なところで自分の顔が好きじゃないから今も得意とは言い切れないんだけど、
最低限、、と眉毛をきちんと整えてみたりヒゲを剃ったり、
髪の毛をマメにカットに行ったり、
洋服も最初はもう何年も着古した部屋着以下の服しか持ってなかったんだけど
少しはマシに見える新しい服(安物だけど)をレッスン着として買えたり。

いつの間にか自然とカメラが向いた時の
「あ〜、、、いやだなぁ」という気持ちがなくなっていましたとさ。


「美の〜」なんて言われてるけど
私が普段偉そうに教えてるのは顔のデッサンと化粧品という名の顔料の使い方だけで、
実際「美」とか「綺麗」とか専門外だし。
レストランとかホールとか美肌とか一切わからーん!
いくら褒められてもんなもん無縁じゃボケーっ!と心の中で常に思っていたのですが、

気づけば皆さんに私の方が、綺麗以前の「身だしなみ」というのを教わっているのですね。